大人の矯正治療を成功させる! 歯科医院の選び方のポイント

大人の矯正治療を成功させる! 歯科医院の選び方のポイント

神奈川県藤沢市 藤沢歯ならび矯正歯科 院長の木村 桂介です。

近年、美しく健康的な笑顔を手に入れたいと考える大人が増えています。矯正治療はその手段の一つですが、治療を始める前に最も重要なのが信頼できる歯科医院を選ぶことです。今回は、大人の矯正治療における歯科医院の選び方と、治療の際の心構えについて紹介します。

目次:

1. 矯正治療の基礎知識
2. 歯科医院選びのポイント
3. 治療法の種類と特徴
4. 費用と治療期間の理解
5. まとめ: 成功への第一歩

1. 矯正治療の基礎知識

矯正治療は歯並びや咬み合わせの問題を解決し、見た目の美しさだけでなく、口腔内の健康を向上させる治療法です。大人になってから始める矯正治療は、成長期の子供たちと異なり、骨格の成長が完了しているため、治療方法や期間に違いがあります。一般的に、大人の矯正治療はゆっくりと時間をかけて行う必要があり、患者さんの状態や希望に応じて最適な治療計画を立てることが重要です。

2. 歯科医院選びのポイント

大人の矯正治療に適した歯科医院を選ぶ際の重要なポイントには、医師の専門性、治療実績、使用する機材の最新性、そして患者さんとのコミュニケーションがあります。矯正歯科専門医の資格を持つ医師が在籍しているか、矯正治療の実績が豊富にあるかを確認しましょう。また、最新の設備を備えているかどうかも、治療の精度や治療期間に影響します。さらに、患者さんとのコミュニケーションを大切にしているかどうかも確認のポイントです。治療計画や進行状況をわかりやすく説明してくれるか、患者さんの不安や疑問をしっかりと解消してくれるかが重要です。

3. 治療法の種類と特徴

大人の矯正治療には、金属ブラケットを使った従来の方法から、目立ちにくいセラミックブラケットや、取り外しが可能なクリアアライナーなど、様々な治療法があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、例えば、セラミックブラケットは目立ちにくいですが、金属製に比べて費用が高くなることがあります。また、クリアアライナーは見た目が良く食事の際に取り外せる利点がありますが、治療できる症状に限りがある場合もあります。治療法は患者さんのライフスタイルや予算、治療への期待によって最適なものが異なりますので、医師とよく相談して決定しましょう。

4. 費用と治療期間の理解

大人の矯正治療は一般的に1年から数年と長期間にわたります。また、治療費用は使用する材料や治療法、治療期間によって大きく異なりますが、一般的に数十万円から数百万円となることが多いです。治療を始める前には、費用や治療期間についてしっかりと説明を受け、計画を立てることが重要です。また、治療中に発生する可能性のある追加費用についても事前に確認しておきましょう。

5. まとめ: 成功への第一歩

大人の矯正治療は、見た目の改善だけではなく、口腔内の健康を整えることにも繋がります。適切な歯科医院と治療法を選ぶことで、治療の成功率を高めることができます。治療を始める前に、しっかりと情報収集を行い、自分に合った医院と治療法を選ぶことが大切です。最適な矯正治療で、理想の笑顔を手に入れましょう。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

矯正治療する歯科医院はどこがいい?|矯正歯科の選び方

神奈川県藤沢市 藤沢歯ならび矯正歯科 院長の木村 桂介です。

美しい笑顔と健康な歯並びは、自信につながります。ですが、「どの歯科医院で矯正治療を受ければよいのか?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、矯正治療を検討中の方へ向けて、矯正歯科の選び方や治療について詳しく解説します。

目次:

1. 矯正歯科医院の選び方
2. 矯正治療の種類とその特徴
3. 治療期間と費用の目安
4. 治療の身体的・経済的・精神的メリットとデメリット
5. まとめ

1. 矯正歯科医院の選び方:

矯正歯科医院を選ぶ際は、まず矯正治療の専門家であることが重要です。矯正専門医が常駐しているか、またその医院で成功例が多数あるかどうかは非常に大事なポイントです。さらに、カウンセリングでしっかりと話を聞いてくれるか、治療計画を丁寧に説明してくれるかもチェックしてください。また、医院へのアクセスの良さや診療時間の長さも、矯正治療を受ける上で長期間通院することを考えると非常に重要になります。患者さんのレビューや評判、医院のウェブサイトに掲載されている症例写真を参考にするのも良いでしょう。

2. 矯正治療の種類とその特徴:

矯正治療には、大きく分けて取り外し可能なマウスピース矯正(インビザラインなど)と、歯にブラケットやワイヤーを装着する固定式の矯正があります。マウスピース矯正は目立ちにくく、装着を外して食事ができるため生活への影響が少ないです。一方、固定式の矯正は、より複雑な歯並びの矯正に適しており、精密な調整が可能です。医院によって得意とする矯正治療の方法が異なるため、自分の希望する治療法を提供しているかも確認しましょう。

3. 治療期間と費用の目安:

矯正治療の期間は、症例によって大きく異なりますが、一般的には2年から3年かかることが多いです。費用も症例や治療法によって大きく変わりますが、一般的には数十万円から100万円以上が相場です。治療費用には、初診料、検査費用、装置の費用、調整費用などが含まれます。最近では分割払いを受け付けている医院もありますので、費用面で不安がある方は相談してみましょう。

4. 治療の身体的・経済的・精神的メリットとデメリット:

矯正治療の最大のメリットは、美しい歯並びと噛み合わせを手に入れることができる点です。これにより、見た目の印象が良くなるだけでなく、歯のクリーニングがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。一方で、デメリットとしては、長期間にわたる治療期間と高額な治療費が挙げられます。また、治療中は食事の際に注意が必要になるほか、装置による口内の違和感や痛みを感じることもあります。

5. まとめ:

矯正治療を成功させるためには、治療法、期間、費用だけでなく、信頼できる医院を選ぶことが重要です。治療前には、医院でしっかり相談し、納得のいく計画を立てることをお勧めします。矯正治療は、短期間で終わるものではありませんが、終了後には美しい歯並びと健康な口腔環境を手に入れることができます。自分に合った治療法を選んで、素敵な笑顔を手に入れましょう。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

矯正治療と全体の健康:メタボリックドミノ効果とは?

神奈川県藤沢市の矯正歯科、藤沢歯ならび矯正歯科の歯科医師 院長の木村 桂介です。

今回は、矯正治療が担う全身の健康とメタボリックドミノ効果についてまとめています。
美しい笑顔と健康な体。これらは一見別の話題かもしれませんが、実は深い関係があります。今回は矯正治療が全身の健康に与える影響、特にメタボリックドミノ効果について詳しく掘り下げていきます。矯正治療が単に歯並びを美しくするだけでなく、健康面においても大きなメリットがあることを知っていただければと思います。

目次:
1. 矯正治療とは?
2. メタボリックドミノ効果とそのメカニズム
3. 矯正治療による具体的な健康へのメリット
4. 矯正治療の身体的・経済的・精神的なメリットとデメリット
5. 矯正治療の期間と料金の目安
6. まとめ

1. 矯正治療とは?

矯正治療は、歯並びや咬み合わせの不正を改善する治療です。しかし、この治療は美しい歯並びを手に入れることだけが目的ではありません。不正な咬み合わせや歯並びは、食べ物の咀嚼機能に影響を与えるだけでなく、顎の位置や姿勢にも悪影響を及ぼすことがあります。これらは全身の健康に直接的、あるいは間接的に関連しているため、矯正治療は美容だけでなく健康の観点からも重要なのです。

2. メタボリックドミノ効果とそのメカニズム

メタボリックドミノ効果とは、ある健康問題が連鎖的に他の健康問題を引き起こすことを指します。たとえば、不正な咬み合わせによる咀嚼機能の低下は消化不良を引き起こし、これが栄養吸収の悪化、結果として全身の代謝機能の低下に繋がります。また、咬み合わせの不正は顎関節症のリスクを高め、これが頭痛や肩こり、さらには姿勢の悪化を招いてしまう可能性があります。このように、矯正治療はメタボリックドミノ効果を遮断し、全身の健康を支える重要な役割を担います。

3. 矯正治療による具体的な健康へのメリット

矯正治療がメタボリックドミノ効果を遮断することで、具体的にはどのような健康面のメリットがあるのでしょうか。まず、咀嚼機能の改善により、食事から栄養を効率良く吸収することができるようになります。これによって、消化不良や栄養不足による疲労感の軽減が期待できます。さらに、顎関節のバランスが改善されれば、顎関節症に起因する頭痛や肩こりが軽減されることもあります。また、正しい咬み合わせは、顎の位置を良くし、結果として姿勢の改善が見込めます。

4. 矯正治療の身体的・経済的・精神的なメリットとデメリット

矯正治療には多くのメリットがありますが、長期間の治療期間や、比較的高額な治療費用がデメリットとして挙げられます。矯正治療は一般的に1年以上の治療期間が必要であり、状況によっては数年を要することもあります。また、治療費用は数十万円から数百万円と幅広く、これらのコストは精神的な負担にもなり得ます。しかし、それらを上回る健康面でのメリットや、美しい笑顔への自信、長期的な医療費節約などの利点も多いのです。

5. 矯正治療の期間と料金の目安

矯正治療の期間は、軽度の場合で1年から2年、重度の場合では3年以上に及ぶことがあります。料金については、使用する装置の種類や治療期間、治療の複雑さによって異なりますが、一般的には50万円から数百万円の範囲内です。これらはあくまで目安であり、詳細は直接歯科医院に相談するのが最適です。また、近年では医療費控除の対象となるケースもあるため、経済的負担を少しでも軽減する方法を検討する価値はあります。

6. まとめ

矯正治療は、美しい歯並びを手に入れるだけでなく、メタボリックドミノ効果を遮断し、全身の健康を向上させる重要な手段です。治療期間や費用は決して安くはありませんが、それを上回る多くのメリットがあります。もしもあなたが歯並びや咬み合わせに関する悩みを持っているのであれば、矯正治療を受けることで、より健康で美しい生活を手に入れることができるかもしれません。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

矯正治療と年齢の関連性 – いつ始めるのが最適?

神奈川県藤沢市の矯正歯科、藤沢歯ならび矯正歯科の歯科医師 院長の木村 桂介です。

今回は矯正治療と年齢の関連性についてまとめております。
いつから矯正治療を始めるのが最適か?という質問にお答えします。

矯正治療に年齢制限はあるのでしょうか?多くの患者様が抱く疑問について、詳しく解説していきます。子供から大人まで、年代別に最適な矯正治療の時期やそれぞれのメリット・デメリットを説明することで、矯正治療を考えている人が適切なタイミングを見極められるようにします。

目次:
1. 矯正治療の基本的な知識と年齢の関係
2. 子供の矯正治療のメリットとデメリット
3. 大人の矯正治療のメリットとデメリット
4. 年齢別の矯正治療事例
5. 矯正治療を始める最適なタイミング

1. 矯正治療の基本的な知識と年齢の関係

矯正治療は単に歯並びを整えるだけではなく、噛み合わせの改善や口元の見た目の美化を目的とします。子供のうちから始める矯正と成人後に行う矯正では、治療の進め方や目的が異なります。子供のうちは顎の骨が発育中で、成長を利用して比較的短期間で治療を行うことができます。一方で、大人の矯正治療は骨の成長が止まっているため、治療期間が長くなる傾向にありますが、今日では進歩した矯正技術により、短期間で効果を実感できる方法も増えています。

2. 子供の矯正治療のメリットとデメリット

子供の矯正治療の最大のメリットは、成長期の顎の骨を活用して治療することで、歯並びと噛み合わせを根本から改善できる点です。また、美しい歯並びは子供の自信にも繋がります。しかし、装置を長時間着用することによる不快感や規則正しいケアが必要な点はデメリットと言えます。治療期間は個人差がありますが、通常2〜3年は見込む必要があり、治療費用も30万円から数十万円程度が一般的です。

3. 大人の矯正治療のメリットとデメリット

大人になってからの矯正治療の最大のメリットは、美しい笑顔と正しい噛み合わせによる生活の質の向上です。矯正治療を行うことで、虫歯や歯周病のリスクを減らし、長期的に健康的な歯を保つことができます。しかし、治療期間が長引くケースが多く、治療費も子供の場合と比較して高額になることがあります。また、社会人としての外見に配慮する必要があるため、目立たない矯正装置を選択するとさらに費用がかかります。

4. 年齢別の矯正治療事例

年齢別に見ると、子供の場合は歯列矯正だけでなく、顎の成長を促すことで無理なく歯並びを整えられる事例が多いです。10歳前後から始める矯正が一般的ですが、早期に対応することでより効果的な治療が可能です。当院では6歳くらいからの治療開始を勧めております。大人の矯正治療では、透明なマウスピースを使用したインビザラインや、白いボタンの装置などで、生活に支障をきたさない方法が選ばれることが多くなっています。

5. 矯正治療を始める最適なタイミング

最適な矯正治療の開始タイミングは、明確な答えがあるわけではありませんが、子供の場合は早ければ早いほど、成長の機会を最大限に利用できます。当院では6歳臼歯と前歯が数本生え変わったタイミングが開始できるタイミングとお伝えしております。それより早い場合(生えてる歯が乳歯のみの場合など)はお待ちいただくことがあります。一方で大人の場合は、治療を受ける意欲や治療計画に応じた心理的な準備が最適なタイミングを決める重要なファクターです。どの年齢層でも共通して言えることは、早めのカウンセリングを受けることが不安を解消し、成功への第一歩につながるということです。

まとめ

矯正治療と年齢の関係について、子供から大人までの治療におけるメリットとデメリット、治療事例を通して説明しました。矯正治療は、年齢に応じたアプローチが必要ですが、理想的な歯並びと噛み合わせは、どの年齢から始めても追求できる目標です。矯正治療を検討している方は、専門の歯科医師に相談し、自分にとって最適な治療方法とタイミングを見極めましょう。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

「ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い:どちらがあなたに適していますか?」

こんにちは!今日のブログでは、歯列矯正に関する2つの一般的な方法である「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」について詳しく解説していきます。それぞれの特徴や違いを比較し、どちらがあなたに適した矯正方法なのか見極めるお手伝いをしましょう。

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正は、歯列矯正の古典的な方法であり、歯の表面にブラケットを取り付け、ワイヤーを通して歯を動かすことで歯並びを整えます。矯正期間は個人差がありますが、平均して1年半〜2年程度です。

ワイヤー矯正の特徴:

  1. 効果的: 重度の歯並びの悪さや噛み合わせの問題も改善できます。
  2. 治療期間: 特に歯を抜いて治療する際は、マウスピース矯正より治療期間は短くなります。歯を抜かない治療の場合はマウスピースとワイヤーでそこまで差はありません。通院回数は月に1回程度です。
  3. 目立つ: ブラケットやワイヤーが目立ち、見た目に影響することがあります。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正は、透明なプラスチック製のマウスピースを歯に装着し、歯を少しずつ動かして歯並びを整える方法です。矯正期間は個人差がありますが、平均して1年〜2年半程度です。

マウスピース矯正の特徴:

  1. 目立たない: 透明なマウスピースのため、装着時に目立ちにくいです。
  2. 取り外し可能: 食事や歯磨きの際に取り外しができるため、綺麗に保ちやすいです。
  3. 軽度~中程度の歯並びの改善: 重度の歯並びや噛み合わせの問題には対応しきれないことがあります。また患者様の協力度に依存するためしっかり使用して頂かないと思うように歯が動かない時があり注意が必要です。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

主な違いは、矯正方法、見た目、治療期間、対応できる歯並びの程度です。ワイヤー矯正は効果的で重度の歯並びの改善が可能ですが、目立ちやすく歯磨きが大変なのがデメリットです。一方、マウスピース矯正は目立たず、取り外しが可能でですがワイヤーと比較すると治療期間が長くなる場合があります。また軽度~中程度の歯並びの改善に限定されることが多いです。

どちらの矯正方法が自分に適しているか

あなたが選ぶべき矯正方法は、以下の要素によって異なります。

  1. 歯並びの状態: 重度の歯並びや噛み合わせの問題がある場合は、ワイヤー矯正が適しています。軽度~中程度の歯並びの悪さであれば、マウスピース矯正が選択肢に入ります。
  2. 見た目へのこだわり: 目立たない矯正方法を希望する場合、マウスピース矯正がおすすめです。
  3. 治療期間や通院頻度: 短期間で結果が得られることや通院頻度が少ないことを重視する場合、マウスピース矯正が良い選択です。
  4. 予算: マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べて費用が高いことが一般的です。予算を考慮して選択しましょう。

まとめ

ワイヤー矯正とマウスピース矯正は、それぞれ異なる特徴と適用範囲を持っています。自分の歯並びや治療期間、見た目への要望、予算などを総合的に判断し、最適な矯正方法を選ぶことが大切です。歯科医や矯正歯科医と相談し、あなたにぴったりの矯正方法を見つけましょう。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

矯正治療後の後戻りを防ぐために知っておくべきこと

こんにちは!今日のブログでは、矯正治療後に起こることがある「後戻り」についてお話ししましょう。矯正治療を経て美しい歯並びを手に入れた後、その効果を維持することはとても重要です。しかし、時には矯正治療後の歯が元の位置に戻ろうとする後戻りが起こることがあります。今回は、その原因や予防策について解説していきます。

矯正治療後の後戻りの原因

矯正治療後の後戻りにはいくつかの原因がありますが、主なものは以下の通りです。

a) 歯周組織の適応能力

歯を動かす力がなくなった後も、歯周組織は徐々に適応していくプロセスが続きます。この過程で歯が元の位置に戻ろうとする力が働くことがあります。

b) 咬み合わせの変化

矯正治療後、咬み合わせが変化することで、歯にかかる負荷が変わり、歯が元の位置に戻ろうとする力が働くことがあります。

c) 口腔内の筋肉の影響

舌や頬の筋肉が歯に力を加えることで、歯が元の位置に戻ろうとする場合があります。

後戻りを防ぐ方法

a) リテーナーの使用

矯正治療後には、歯の位置を保持するためのリテーナーが必要になります。リテーナーは、取り外し式や固定式などがあり、歯科医師と相談して選ぶことが大切です。リテーナーは指定された期間、指示通りに使用することで、後戻りのリスクを軽減できます。

b) 定期的な歯科受診

矯正治療後も、定期的に歯科医院を受診し、歯並びや咬み合わせのチェックを受けることが重要です。歯科医師のアドバイスに従い、必要に応じて治療を受けましょう。

c) 歯磨きやフロスの正しい使用

正しい歯磨きとフロスの使用によって、歯周病や虫歯のリスクを減らし、歯並びに悪影響を与える可能性を低減できます。毎日の正しいオーラルケアが、矯正治療後の後戻りを防ぐために重要です。

d) 咬み合わせへの注意

硬い食べ物や爪を噛む、ペンを噛むなどの悪習は、咬み合わせに負担をかけ、後戻りの原因となることがあります。これらの習慣を改善し、咬み合わせに負担をかけないように注意しましょう。

e) 筋肉のバランスを整える

口腔内の筋肉が歯並びに影響を与えるため、舌の位置や嚥下時の動きに注意することが大切です。必要に応じて、マイオフンクショナルセラピー(舌や口腔周囲筋肉を鍛える療法)を受けることも、後戻り予防に役立ちます。

まとめ

矯正治療後の後戻りは、多くの人が気になる問題ですが、適切なケアと注意を払うことで予防が可能です。リテーナーの使用や定期的な歯科受診、正しいオーラルケア、咬み合わせへの注意、筋肉バランスの整え方に気を付けることで、矯正治療で得た美しい歯並びを長期間維持しましょう。

最後に、矯正治療後の後戻りに関する疑問や懸念がある場合は、歯科医師と相談することが最善の方法です。医師は個々の状況に応じたアドバイスを提供し、適切なケアが行われるようサポートしてくれます。美しい歯並びを守るために、ぜひ積極的に歯科医師とコミュニケーションを図りましょう。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

「矯正治療」と「受け口」:美しい笑顔と健康的な口内環境を手に入れるために

矯正治療による口の変化

矯正治療を受けることによって、口の健康と美しさを改善することができます。歯並びが改善されることで、歯垢や食べかすがたまりにくくなり、口臭や口腔内のトラブルを減らすことができます。

また、矯正治療によって口の形状が変化します。歯並びが改善されることで、口の形が整い、歯と歯茎のバランスが取れた美しい口元を手に入れることができます。口元が美しくなることで、自信を持って笑顔を見せることができるようになります。

受け口と矯正治療

受け口とは、下アゴが前に出ている状態を指します(奥歯で咬んだ時に上の前歯より、下の前歯が前にある状態)。両親や親戚に受け口の方がいらっしゃる場合に遺伝的な要素でお子様が受け口になる場合があります。また生まれた後の要因(環境的要因)としてとへ歯並びが悪く変な位置で咬み続けて成長した結果、受け口になる場合があります。

矯正治療を受けることによって、受け口を改善することができます。治療は主に上アゴの成長を促して治していきます。ただ上アゴの成長は10歳で8割終わってしまうと言われています。そのため早期の治療介入が望ましいです。

矯正治療を受ける際の注意点

矯正治療を受ける際には、以下のような注意点があります。

・矯正治療のプランは個人に合わせて立てられるため、治療期間や費用が異なることがあります。

・治療中は定期的に歯医者さんの診察を受ける必要があります。

・治療後には、十分なメンテナンスを行い、定期的に歯医者さんの診察を受けることが必要です。

・矯正装置をつけたまま食事をする場合、食べかすが詰まりやすくなるため、十分に口をすすいだり、歯を磨いたりすることが必要です。

まとめ

矯正治療を受けることで、歯並びが改善され、口の形状が整うことで、美しい口元を手に入れることができます。また、受け口を改善することもできます。受け口は、治療しやすい年齢が限られているため早期に(6歳ごろ)治療開始することが重要です。

矯正治療を受ける前には、自分自身が本当に必要としているかを確認することが大切です。歯医者さんに相談して、適切な方法を選ぶことが重要です。また、治療後には、定期的なメンテナンスを行うことで、口内の健康を維持することが必要です。

口は健康的で美しい状態を維持することが大切です。口内環境が悪化すると、虫歯や歯周病などの口内疾患にかかるリスクが高くなります。また、歯並びが悪い場合、口臭や口腔内のトラブルを引き起こすことがあります。矯正治療を通じて、健康的な口内環境と美しい笑顔を手に入れることができます。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

「矯正治療」と「八重歯」:美しい笑顔と健康的な口内環境を手に入れるために

八重歯とは

八重歯とは、上の前歯が前に出ている状態を指します。八重歯は、見た目の美しさや口内の健康に問題があることがあります。八重歯は、歯並びが悪いということを示しています。

矯正治療による八重歯の改善

八重歯を改善するためには、矯正治療が有効です。矯正治療によって、歯並びが改善されることで、八重歯を改善することができます。また、歯と歯茎のバランスが取れた美しい口元を手に入れることができます。

矯正治療には、歯列矯正装置やマウスピース矯正などの方法があります。歯列矯正装置は、歯に装着する金属製の装置で、歯を引っ張って移動させることによって歯並びを改善します。マウスピース矯正は、マウスピースを使用して歯を移動させる方法で、歯列矯正装置に比べて目立たないため、大人の方にも人気があります。

矯正治療を受ける際の注意点

矯正治療を受ける際には、以下のような注意点があります。

・矯正治療のプランは個人に合わせて立てられるため、治療期間や費用が異なることがあります。

・治療中は定期的に歯医者さんの診察を受ける必要があります。

・治療後には、十分なメンテナンスを行い、定期的に歯医者さんの診察を受けることが必要です。

・矯正装置をつけたまま食事をする場合、食べかすが詰まりやすくなるため、十分に口をすすいだり、歯を磨いたりすることが必要です。

まとめ

八重歯は、見た目の美しさや口内の健康に問題があることがあります。矯正治療によって、八重歯を改善することができます。矯正治療には、歯列矯正装置やマウスピース矯正などの方法があります。治療前には、自分自身が本当に必要としているかを確認し、歯医者さんに相談することが大切です。

矯正治療を受けることで、歯並びが改善され、口の形状が整うことで、美しい口元を手に入れることができます。また、歯並びが改善されることで、歯垢や食べかすがたまりにくくなり、口臭や口腔内のトラブルを減らすことができます。

口は健康的で美しい状態を維持することが大切です。口内環境が悪化すると、虫歯や歯周病などの口内疾患にかかるリスクが高くなります。矯正治療を通じて、健康的な口内環境と美しい笑顔を手に入れることができます。

矯正治療を受ける際には、注意点を守りながら治療を進めることが重要です。また、治療後には、定期的なメンテナンスを行うことで、口内の健康を維持することが必要です。自分自身の美しさと健康を手に入れるために、矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

矯正で抜歯が必要な症例とは?

矯正で抜歯をする場合は、歯を並べるスペースが足りないときに行います。必ずしも抜歯が必要ではなく、症例によって抜歯が必要な場合とそうでない場合があります。今回は抜歯が必要な症例について解説します。

 

矯正で抜歯が必要な症例

抜歯が必要かどうかは、診査を行い分析をしたあと、骨格と歯のバランスを見て診断をし、必要に応じて歯を抜きます。抜歯をする歯は、主に前から4番目の歯を抜くことが多いです。

 

矯正で抜歯が必要な理由は「歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪い」が挙げられます。例えば、顎が小さくて歯が大きいなど、歯が顎に収まるスペースがなく歯が、がたがたになっているようなケースです。

 

そのようなケースでは、歯を少しだけ削るか、歯を抜いてスペースの確保をします。また歯の並び全体を拡張する方法もあります。

抜歯をしないで矯正をするリスク

抜歯が必要なのに、歯を抜かずに矯正を行い、納得がいかない結果になってしまったというトラブルがあります。

 

例えば、歯の並びはきれいになっても、口元全体が前に出ているような感じになり、顔貌が納得のいくものにならなかったケースや、矯正後の後戻りをしてしまったケースなどがあります。

 

トラブルを防ぐためには、「なぜ抜歯が必要なのか」をしっかり理解する必要があります。

歯を抜く可能性がある歯並び

歯を抜く症例は決まっていませんが、以下のような症例は抜歯を必要とすることが多いです。

がたがたしている歯並び

叢生(そうせい)と呼ばれているがたがたした歯並びは、歯が並ぶスペース不足が原因となっているため、歯を抜いてスペースの確保をします。

出っ歯

前歯が外側に向いている出っ歯は、内側に動かすため、スペースが必要になります。抜歯をし、スペースの確保をすることが多いです。

受け口

専門用語では下顎前突(かがくぜんとつ)と言われており、全体的に内側に動かす必要があるため、抜歯をすることがあります。

まとめ

矯正治療では、歯の並びを改善するために、歯を抜くことがあります。叢生、出っ歯、受け口といった症例では歯を抜く可能性がありますが、歯を抜くか抜かないかは精密な検査を行うことでわかります。矯正治療を検討されている方は、事前に相談を受けに行くことをおすすめします。

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,

インビザラインのマウスピースで出っ歯の矯正はできる?

近年マウスピース矯正は目立たずに矯正ができることから、始める方が増えています。対応できる症例が多いことから、インビザラインを提供する歯科医院が多いです。よく「出っ歯でもマウスピース矯正はできる?」と質問がありますが、出っ歯でもマウスピース矯正は可能です。

 

今回は出っ歯のマウスピース矯正について解説します。

 

マウスピース(インビザライン)矯正で出っ歯の矯正は可能

症例にもよりますが、マウスピース矯正の一種である、インビザラインを使用して出っ歯の改善ができます。

 

インビザラインは、歯の表面にアタッチメントと呼ばれる突起物を装着します。その突起物は、歯の根っこに力を加えるため、歯を内側に引っ込めることができます。

出っ歯とは

出っ歯とは上の前歯が下の前歯と触れないほど、前に出た状態のことをいいます。歯科用語では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。反対に下の前歯が上の前歯よりも後ろにある状態をしゃくれや受け口と呼ばれ、歯科用語では「下顎前突(かがくぜんとつ)」といいます。

 

出っ歯になる原因は幼少期の指しゃぶりや、舌で前歯を押す癖があるなど様々な要因が重なっています。また遺伝によって出っ歯になることがあります。

 

出っ歯になると、見た目の悪さから気になる方も多いのですが、出っ歯を放置するとかみ合わせのバランスが崩れてしまったり、口の中が乾燥して歯周病のリスクが高くなります。

 

出っ歯を矯正せずに放置するリスク

出っ歯を矯正しないで放置すると、以下のようなリスクが高くなります。

・口の中が乾燥して、むし歯や歯周病のリスクが高くなる

・口呼吸による免疫力の低下

 

出っ歯は口が閉まりにくく、口呼吸になりがちです。口呼吸は鼻呼吸と違い、外の汚染された空気をそのまま肺に吸い込みます。そのため免疫力が低下し、風邪を引きやすかったり、アレルギーが発症したりするリスクが高くなります。

 

口呼吸は口の中が乾燥しやすくなります。口が乾燥すると唾液の分泌量が減り、ドライマウスの原因となります。また唾液に殺菌作用や自浄作用があります。唾液の分泌量が減ってしまうとそれらの作用がうまく機能せず、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

まとめ

マウスピース矯正の種類である、インビザラインで出っ歯の矯正ができます。しかしすべての症例に対応していません。出っ歯でお悩みの方は、一度歯科医院で相談をおすすめします。

 

矯正を行っている歯科医院では、矯正相談の機会を設けています。気軽に相談ができるので、一度歯科医院に来院してみてはいかがでしょうか?

 

藤沢歯ならび矯正歯科|藤沢の矯正歯科 

日付:  カテゴリ:院長ブログ and tagged , ,